不動産投資の利回り

不動産投資は地主や一部の会社組織が行うものだったのは昔の話しです。

サラリーマン大家さんにも、投資の仕方によっては勝ち目があることがわかり、たくさんの人たちが副業として、あるいはリタイア後の安定した収入源として、不動産投資を始めています。

どんな投資も同じですが、不動産への投資も手元の資金を使ってリスクをとり、最終的には大きな収入へつなげて行かなければ成功とはいえません。

不動産投資では利回りという言葉が良く使われます。

最初の投資額に対して1年間でどの程度の利益が見込めるのかを表す数値です。

利回りが10パーセントというのは、100万円を投資して1年間に10万円の利益が出るということになります。

投資する金額や不動産の規模にかかわらず、利益がどの程度見込めるかということを投資の判断材料にするのです。

投資額も利益額も大きい物件と、投資額は小さくても利回りの良い物件との間で投資先を決める際には、投資額にとらわれずに利回りの数値を重視して物件を購入する方が良いとはよく言われます。

利回りには表面利回りというランニングコストを含めない数値と、実質利回りという必要経費を計算に入れた数値の二つがあります。

実際に利益として手元に残る金額をもとに投資決断をしないと、思ったよりずっとコストがかかって利益につながらないという結果になることもあります。

投資の前には実質利回りはどのくらいになるのかをきちんと計算しておくことがとても大切です。

【Check!】=>不動産投資・収益物件情報サイトのGlobal Homes